各種許可申請や必要な届出・手続きの情報

酒類の販売業免許申請について

酒類の販売を行おうとする場合、その販売場ごとに、販売場の所在地の管轄税務署長から酒類販売業免許を受ける必要があります。

酒類販売業の種類

酒類販売業免許には
・消費者・料理店などに酒類を販売する場合に必要な場合の免許
⇒酒類小売業免許  と

・酒類販売業者又は酒類製造者に対して酒類を販売する
⇒酒類卸売業免許
があります。

小売業免許には、「一般酒類小売業免許」「通信販売酒類小売免許」「特殊酒類小売業免許」があります。

酒類販売にあたらないもの

1.類製造業者が製造免許を受けた製造場において酒類の販売業を行う場合(当該製造場について酒税法第7条第1項の規定により製造免許を受けた酒類と同一の品目)
2.酒場、料理店その他酒類を専ら自己の営業場で飲用に供する業を行う場合
上記の場合は酒類販売にはあたらないものとされています。


無免許での酒類の販売での罰則

免許を受けないで酒類の販売業を行った場合、酒税法により1年以上の懲役または20万円以下の罰金に処することとされています。

酒類小売業の種類

1.一般酒類小売業
ほぼ全ての小売形態がこれに該当することになります。
販売場において原則すべての品目の酒類を小売することができる免許。

2.通信販売酒類小売業
2都道府県以上の広範な地域の消費者を対象としてカタログ送付やインターネット等の方法により一定の酒類を小売することができる免許。

3.特殊酒類小売業
卸売業の免許事業者が自社の役員及び従業員に対して小売りを行うというような場合など、酒類の消費者等の特別の必要に応ずるために酒類を小売することができる免許。