各種許可申請や必要な届出・手続きの情報

合同会社を設立するには

合同会社(LLC)を設立するためには、設立する合同会社の社名や目的などを決定し、定款を作成します。

尚、紙ベースでの定款を作成した場合、会社に保存する原本には4万円の収入印紙を貼る必要があります。(印紙税法)

合同会社の設立要件

株式会社と同様、社員は1名以上で資本金の制限なく設立が可能。

定款記載事項

絶対的記載事項(必ず記載するべき事項)
・商号
・目的
・本店所在地
・社員の氏名(又は名称及び住所)
・社員が有限責任である旨
・社員の出資の目的とその価額
相対的記載事項(記載がないと効力が生じない事項)
及び任意的記載事項
・公告の方法
・業務執行社員
・代表社員
・事業年度
・LLCの存続期間など・・・


登記申請時の書類

合同会社の登記は本店所在地を管轄する法務局に行ないます。
「合同会社設立登記申請書」に以下の該当する添付書類及び印鑑届を添えて申請します。
●必要書類
・定款(原本以外に提出用として作成する)
・総社員の同意書(代表社員・本店所在地・資本金等の決定)
・就任承諾書(必要な場合)
・出資の払込を証する書面
・資本金の額の計上に関する証明書(金銭出資のみの場合不要)

登記費用

登記関連費用は総額として、11万円程度
登録免許税は6万円(資本金の額の0.7%が6万円を超える場合はその金額)