各種許可申請や必要な届出・手続きの情報

合同会社(LLC)とは

合同会社(LLC:Limited Liability Company)は、平成18年(2006年)5月1日施行の会社法により新しく設けられた会社形態です。

新規事業に共同で行う場合や、人的財産を用いた事業を行う場合などで法人格があることによって有用な効果が期待できる場合などに設立するケースが見られます。
主な特徴として、株式会社と比較すると、設立コストが低く「有限責任」「内部自治」が挙げられます。

有限責任とは

もし会社が事業に失敗した場合で損失を出した場合でも出資額以上の責任を負うことがないという事です。
これは、株式会社などの内容と同じものです。
これに対し持分会社である「合資会社」「合名会社」は、全社員(構成員)又は最低1名以上の社員(合資会社の場合)が無限責任を負うこととなります。


内部自治とは

株式会社の場合組織内部のルールが法律によって定められており、取締役の設置義務や出資比率による配当など制限があるものに対し、業務執行は総社員の同意で行なうことができ、利益配当についても、出資比率ではなく個別の基準で行なうこともできます。
これらは、定款に記載又は必要に応じて変更します。「定款自治」

合同会社の特徴・その他

・社員:株式会社では、出資者は株主といいますが、合同会社では「社員」となります。社員(従業員ではないことに注意してください)は定款に記載することが必要です。
・業務執行権:社員は原則として全員が業務執行権をもちます。定款の定めによって「業務執行社員」を定めることは可能
・代表社員:社印は原則として全員が代表権を持つこととなります。定款の定めにより「代表社員」を定めることは可能
・各種保険への加入など:合同会社(LLC)は法人格を持ちますので、従業員との労働契約や労働保険・社会保険などへ加入することができます。

株式会社との違い

株式会社との違いを整理しますと以下のとおりとなります
・出資と経営:出資(所有)と経営は原則一致(株式会社では分離)
・出資者の責任:同一
・意思決定:原則総社員の合意(株式会社では、株主総会又は取締役(会))
・利益配分:定款に定めることで自由(株式数による)
・決算公告義務:なし(株式会社は義務有)

合同会社(LLC)は、ベンチャー事業や共同事業、新規開発事業などに向いているとも言えます。