各種許可申請や必要な届出・手続きの情報

NPO法人を設立するには

管轄する都道府県知事に設立認証申請を行い
認証⇒登記という手順で設立します。

●必要書類

・特定非営利活動法人設立認証申請書
・定 款
・役員名簿(役員の氏名及び住所又は居所並びに各役員について報酬の有無を記載した名簿)
・各役員が法第20条各号に該当しないこと及び法第21条の規定に違反しないことを誓約し、並びに就任を承諾する書面の謄本(コピー)
・各役員の住所又は居所を証する書面
(住民票等:申請日前6か月以内に発行されたもの)
・社員のうち10人以上の者の氏名(法人にあっては、その名称及び代表者の氏名)及び住所又は居所を記載した書面
・法第2条第2項第2号及び法第12条第1項第3号に該当することを確認したことを示す書面
・設立趣旨書
・設立についての意思の決定を証する議事録の謄本(コピー)
・設立当初の事業年度及び翌事業年度の事業計画書
・設立当初の事業年度及び翌事業年度の収支予算書

●認証⇒設立までの流れ

1.設立の立案など

・10人以上の社員の確保
・設立趣旨書の作成
・定款の起草作成
・総会・理事会、事務局等組織案の検討
・役員の検討
・事業計画・予算案の作成

2.各種書類の準備

 


3.設立総会の開催

・役員の選任
・申請書類の承認
・委任手続きなど

4.設立認証申請

管轄先へ提出

5.公告・縦覧

申請があった旨が公告され、及び2ヶ月間の閲覧(定款や設立趣旨書・計画書など)に供されます。

6.認証・不認証の決定

原則として申請後4か月以内に、認証又は不認証の決定がなされます。

7.設立の登記

管轄する法務局へ設立の登記申請(認証後2週間以内

8.登記完了届出書及び閲覧用書類の提出

設立の登記後、遅滞なく登記事項証明書を提出