各種許可申請や必要な届出・手続きの情報

アルコール検知器の使用の義務化

国土交通省では、事業用自動車における事故削減を図るため「事業用自動車総合安全プラン2009」に基づき、点呼時にアルコール検知器の使用を義務づける等の改正が行なわれています。(H23.4〜実施)

酒気を帯びた乗務員を乗務させてはならないことを明確化されました。

貨物運送事業者として行なうべきこと

貨物運送事業者は以下の対応を平成23年4月がらおこなわなければなりません。(一部抜粋)
・事業者は、点呼時に酒気帯びの有無を確認する場合には、目視等で確認するほか、アルコール検知器を用いてしなければならない
・事業者は、営業所ごとにアルコール検知器を備え、常時有効に保持しなければならない
・電話点呼の場合には、運転者にアルコール検知器を携行させ、検知結果を報告させる等により行うこと

義務違反は処分の対象

今回の改正に伴い、日常の点呼簿は、アルコール検知器の使用の有無及び結果についてを記録する様式としなければなりません。
また、アルコール検知器の備え付けの義務に違反した場合は処分の対象になってしまいます。

整備必要書類のひとつの「点呼簿」にもアルコールチェックに関する項目が追加されたものを使用する必要があります。