各種許可申請や必要な届出・手続きの情報

「許可」と「認可」の違い

「許可」とは

許可は特定の行為を一般的に禁止している場合など、一定の要件を備えた者に対して当該禁止行為を解除し、適法に行為ができるようにすることです。


「認可」とは

認可は法律上の行為の効力を完成させるため公の機関が補充的に与える同意の事を言います。認可を必要とする行為については、法律上の行為に限られており、事実上の行為ではなく、認可を受けないで行った者は無効となってしまします。